20代で失敗しない育毛剤の選び方!

20代で薄毛になってしまうと、将来を考えて悲観してしまう人もいるかもしれません。
しかし20代ならばまだまだ挽回することも難しくありません。

 

AGA治療などの専門医で治療を受けなくても十分に育毛することがでいる可能性があります。

 

しかしだからといって闇雲に市販の育毛剤を使うのもよくありません。

 

まずはなぜ薄毛になってしまったのかを考えて、生活習慣などを改善していくことから始める必要があります。

 

薄毛になる原因として、頭皮の状態が悪いというものがあります。
脂質やほこりなどが毛穴につまってしまって、髪の毛が生えてくるのを妨害したり十分に栄養が届かないということが考えられるのです。

 

特に20代は新陳代謝が良すぎるケースもあって、脂質が必要以上に排出されてしまうことがあります。

 

この脂質を不要な分はしっかりと洗い流してあげることができなければ、ほこりや汗などと混ざって雑菌が繁殖してしまったり、毛穴を詰まらせてしまったりして髪の毛が細くなったり抜けてしまうという薄毛の原因になるのです。

 

ですからまずしっかりとシャンプーをして頭皮を清潔にすることを心がけましょう。

 

頭皮を清潔にして育毛剤イクオスを

 

そして清潔な頭皮にイクオスといった育毛剤を利用して頭皮に栄養を補給してあげるようにします。
栄養がしっかりと毛根に補給されれば、丈夫な毛根が生まれしっかりとした髪の毛が生えてくるようになります。

 

20代,育毛剤,イクオス

 

一緒にイクオスのスカルプシャンプーを利用すれば毛穴もきれいにすることができて、頭皮の環境を育毛しやすい状態にすることができるので、育毛剤の効果もよくなることが期待できます。

 

また育毛剤を使いながら、食生活や規則正しい生活をするなどの生活習慣も整えていきましょう。

 

 

薄毛の原因は頭皮の状態だけでなく、ストレスやバランスの悪い食事、そして乱れた食生活にもあるからです。
20代でも早めにケアをしておけば、十分に薄毛を改善できる可能性はありますので、市販の育毛剤などを試してみてはどうでしょうか。