育毛剤の選び方ガイド

薄毛、脱毛症状があることで悩んでいたり、それがコンプレックスとなってしまっていることがあります。

 

解決方法の一つとして、育毛剤を使ったケアを挙げることができます。
育毛剤にもいろいろな種類があり、各メーカーで特徴が異なりますし、相性もありますし、それによって効果も違ってきます。

 

また、大きく分けていきますと、医薬部外品と、医薬品と2つにわけることができます。

 

 

医薬部外品と医薬品の違いは?

 

 

ちなみに、医薬品というのは医師による処方で管理される薬のことで、臨床試験などを行ったうえで、治療や改善がみられるという効果が認められているものです。配合成分であったり分量、また1回の使用量なども決められています。また効果や副作用に関しても厚生労働大臣や、都道府県知事が認めているものとなります。

 

一方医薬部外品に関しては、効果に関しては医薬品よりも緩慢になりますが、人体に対しての改善の効果がみられるというもので、明確な使用量などは特に規定がなく、成分の表示の指定のみにとめられているといったものです。

 

育毛剤でも、医薬品として認められている成分もありますが、これは薬剤師のいるドラッグストアなどでしか購入できなかったり、また医師から処方してもらう内服薬として出されています。

 

しかし、やはり毎日使う事で、医薬部外品でも改善効果があるものもありますし、コスパのことを考えていった時に、有効成分がきちんと配合されていて、その効果があるようでしたら、医薬部外品で対応していくということもおすすめです。

 

副作用がないというリスクフリーですし、安全性の面でも安心して使うことができます。

 

 

数ある育毛剤の中から医薬部外品で選ぶなら

 

数ある育毛剤の中でも、イクオスは有効成分としてアルガス2という強力な成分が配合されていて、発毛を実感できた方がとても多いという報告が出ています。

 

医薬部外品,医薬品,イクオス

 

体験談などでも、とても口コミ好評で、注目されている育毛剤ですので、試してみる価値があるでしょう。
もちろん副作用もなく安心して使うことができます。